勤務先・家族にバレずに借りる方法

急にお金が必要になったけど、手持ちが足りない!そんな経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか?
どうしてもお金が必要であれば、消費者金融や銀行などの金融機関からお金を借りることは可能です。しかし、借金と言うのはデリケートな問題ですから、勤務先の人や家族に内緒で借りたいという人がほとんどでしょう。
でも、そんな人も不安に思うことはありません。勤務先や家族にバレずに借りる方法はあるんです。

内緒で借りる


勤務先への在籍確認でバレないコツ

在籍確認とは、申込書に書かれている勤務先に本当に在籍しているかどうか確認するために行われます。具体的には、金融機関から勤務先へ電話があり、申込者の在籍を確認するとういわけです。
とはいえ、在籍確認はさほど心配が必要なものではありません。バレないコツさえ理解していれば周囲に不審に思われることはないでしょう。

コツその1. 電話の時間帯を指定する
在籍確認の電話は、怪しまれないよう担当者の個人名でかかってくるのが一般的です。しかし、それでも他の人が電話に出ると不安という場合は、自分が電話に出られる時間帯を指定してかけてもらうと良いでしょう。

コツその2. 言い訳を考えておく
会社に個人名で電話がかかってくることなどないという人は、事前に言い訳を考えておきましょう。例えば、「友人から急用でかかってきた」と言えば個人名の電話も不自然ではありません。
また、銀行カードローンなどは、行名を名乗って電話してくるケースもあります。その場合は、「口座をつくったからその連絡で」「クレジットカードの審査に申し込んだから確認で」などと言えば怪しまれることはありません。

自宅への郵送物なしでキャッシングする方法

キャッシングの審査に通ると、借入・返済用のカードと契約書が自宅へ郵送されてきます。また、利用明細も郵送されることがあります。
自宅にキャッシングだと分かるような郵送物が送られてきて、家族に見られると困りますよね?しかし、以下のポイントを守れば、自宅への郵送物なしでキャッシングすることは可能です。

封筒

カードは自動契約機で受け取る


審査終了後、自動契約機へ出向いてカードを受け取り、契約手続きを済ませれば、自宅へ郵送されることはありません。

WEB明細を利用する
現在、ほとんどのキャッシングやカードローンでWEB明細の利用が可能です。WEB明細の利用手続きをしておけば、紙の明細書が自宅へ送られてくることはありません。

即日融資OK!おすすめキャッシングBEST3

申込んだ日のうちに借りられる!そんなキャッシングの人気TOP3はこちらです。
お急ぎの方は是非参考にしてください。

実質年率 限度額 審査スピード
4.5%~17.8% 500万円 最短即日

審査時間は最短30分!融資まで最短1時間は業界トップクラスのスピードです!
初回なら30日間無利息サービスを利用できるので、すぐ返済すれば利息0での借入もできます。
24時間365日なんと最短10秒振込という「瞬フリ」サービスもあり!

実質年率 限度額 審査スピード
3.0%~18.0% 800万円 最短即日

WEB完結申込なら申込~契約までの全手続きがWEB上で完結して非常に便利!
審査時間も最短30分なので即日融資にも対応可能です。
オペレーターの対応も良いと評判なので、不明な点は相談してみてましょう。

実質年率 限度額 審査スピード
4.7%~18.0% 500万円 最短即日

審査時間最短30分!最短1時間ほどで融資可!
初回利用に限って30日間無利息サービスもあるのは嬉しいポイント。
楽天銀行の口座をお持ちなら24時間最短1分で振込してくれます。

3社ご紹介しましたが、おすすめはプロミス!
その理由は、金利、審査スピード、無利息サービスなど利用者にとって嬉しいポイントが多数あること。
さらに、初回限定の30日間無利息サービスは、ポイントサービス利用で7日間の延長が可能です。

プロミス公式サイトはこちら

即日融資を受けるための3つのポイント

即日融資が可能なキャッシング業者はいくつかありますが、無条件でその日のうちに貸してもらえるわけではありません。即日融資を受けるためには、3つのポイントがあるんです。

ネットで申し込んで無人機で契約が最速!

すぐにお金が必要なら、インターネットからの申し込みがおすすめです。ネットなら24時間365日申し込みが可能ですし、場所も選びません。
申し込みをして審査に通ったら、無人機まで行って契約しましょう。そうすればカードをその場で受けることができ、すぐに借入が可能です。また、カードを郵送にした場合でも、契約さえ完了していれば、カードなしでも振込融資を受けることができます。

振込を希望するなら申込時間に注意!

キャッシングやカードローンの業者によっては、カードの受取前に指定口座へ振込で融資してくれる場合があります。仮に無人機まで行く時間がないのなら、振込での融資が可能なところを選びましょう。
ここで1点注意してほしいのが申込時間です。振込を希望する場合、銀行の営業時間内に手続きを終えなければなりませんから、平日の14時頃がタイムリミット。その時間までに審査を含めた全ての手続きを終えなければ、振込は翌日以降に持ち越されてしまいます。
従って、即日融資を希望するなら申込はなるべくお早めに。少なくとも午前中には申し込みをすませておくのが賢明でしょう。

申込書への記入は慎重に

上記したように、即日融資は時間との勝負となるケースが多々あります。手続きをスムーズに進めるためには、何より審査を早く終わらせること。これにつきます。そのためには、申込書への記入は慎重に行って下さい。
仮に申込書の記入内容に誤字脱字などの不備があった場合、審査担当者は内容を確認しなければなりません。その内容確認に手間取ってしまうと審査時間も大幅に延びてしまい、融資が持ち越されることも考えられます。

学生がお金を借りる際の条件とは

大抵のキャッシングやカードローンは、20歳以上であれば学生でも利用することができます。とはいえ、全く収入のない学生でも借入できるわけではありません。
では、学生がお金を借りる際、どういった条件を満たしている必要があるのか見ていきましょう。

条件

アルバイトで安定した収入があればOK

学生がキャッシングなどの審査に通るためには、「安定した収入」が必要になります。安定した収入と言われても、月にいくらくらい収入があれば良いのかよく分かりませんよね?
実は、学生の場合はアルバイトで毎月一定額の給料をもらっていればOKなんです。一概には言えませんが、月に4~5万円ほど給料があれば審査に通ることは可能です。しかし、アルバイトを始めて半年も経っていない場合は、難しいかもしれません。
というのも、勤続年数が短い場合、収入があっても「安定した収入」とは認めてもらえないケースが多いからです。アルバイトを始めたての場合は、半年ほど働いてから申し込むことをおすすめします。

親の同意書不要!本人確認書類のみで申し込める

学生がお金を借りる時、両親や家族には内緒にしたいという人も多いのではないでしょうか?しかし、その点は心配いりません。
学生がキャッシングやカードローンを利用する際、親の同意書は通常不要です。申込書と本人確認書類(免許証など)を提出すれば審査してもらえます。また、カードを自動契約機で受け取り、WEB明細を利用すれば自宅に郵送物が届く心配もありません。

学生可!即日融資OKのキャッシング厳選3社

学生といえど、急にお金が必要になる時も多いはず。そんな時強い味方になってくれるキャッシング3社をご紹介します。

実質年率 限度額 審査スピード
4.5%~17.8% 500万円 最短即日

審査時間は最短30分で融資まで最短1時間と驚きのスピードです!
学生の利用も多く、初回なら30日間無利息サービスを利用できます。
プロミスならではのサービス「瞬フリ」を使えば、24時間365日最短10秒での借入も可!

実質年率 限度額 審査スピード
4.7%~18.0% 500万円 最短即日

「はじめてのアコム」というテレビCMでお馴染み!
審査時間最短30分・最短1時間ほどで融資可能!
初回利用限定で30日間無利息サービスも利用できます。

実質年率 限度額 審査スピード
3.0%~18.0% 800万円 最短即日

WEB完結申込なら来店の手間なく、全ての手続きがWEB上で完結!
審査時間も最短30分で即日融資もOKです。
自宅への郵送物もないため、親バレを避けたい学生も安心です。

ご紹介した3社のうち、学生におすすめしたいキャッシングは何と言ってもプロミスです。
金利が低く、審査スピードも速い、さらに無利息サービスや瞬フリなど利用者のことを考えたサービスが多数!
オペレーターも丁寧に対応してくれますから、初めての方でも安心して利用できます。

プロミス公式サイトはこちら

専業主婦がお金を借りる方法はこれ!

専業主婦の方にとって、月々の生活費や子供の教育費などのやりくりは大変ですよね?旦那さんが働いてくれているのに文句を言うわけにもいかず、ご自身が働きに出る時間もない。それでも急にお金が必要になる時は誰でもあります。
そんな時、ご自身に収入のない専業主婦でもお金を借りることができる方法をご紹介します。

主婦

専業主婦の借入なら銀行カードローン

結論から言うと、専業主婦は銀行カードローンであれば利用することができます。その根拠となるのが、総量規制という仕組み。総量規制というのは、過剰な借入を防ぐため、個人の借入総額を年収の1/3までとする決まりのことです。しかし、銀行カードローンは総量規制の対象外となっているため、年収ゼロの専業主婦でも借入をすることができるのです。
ただし、配偶者も無収入の場合は審査に落とされる可能性が高いでしょう。また、消費者金融は総量規制の対象となるため、専業主婦が利用することはできません。

在籍確認なしだから夫に内緒で借りられる

専業主婦が銀行カードローンの審査を受ける場合、基本的に夫の勤務先へ在籍確認の電話がいくことはありません。あくまで審査の対象となるのは、申込者本人です。従って、本人確認の電話が携帯電話などにかかってくることはありますが、在籍確認は行われないのです。
また、夫の同意書なしで申し込める銀行カードローンも多数あります。これなら、夫や家族に内緒で借りたいという人も安心ですね。

専業主婦OK!即日融資可の銀行カードローン3社

専業主婦が利用でき、即日融資も可能。さらに夫や家族に内緒で利用できる銀行カードローンをご紹介します。

実質年率 限度額 審査スピード
4.5%~17.8% 500万円 最短即日

新生銀行が提供するカードローンサービスのレイク!
融資まで最短40分と消費者金融並みのスピードです。
初回利用なら30日間無利息・180日間5万円まで無利息いずれかの無利息サービスを選択可。お得に借り入れしたい人におすすめです。

実質年率 限度額 審査スピード
4.0%~14.0%
(コンフォートプラン)
1000万円
(専業主婦は30万円)
最短即日

3大メガバンクの1つであるみずほ銀行のカードローンサービスです。
銀行カードローンとしては審査スピードが速く、最短で即日融資が可能!
みずほ銀行の普通預金口座をお持ちの方なら手続きも簡単!
口座用のキャッシュカードをそのままローン用のカードとして利用できます。

実質年率 限度額 審査スピード
2.4%~17.5% 800万円 最短即日

三菱東京UFJ銀行とKDDIが共同出資で運営するじぶん銀行のカードローンです。
最短で即日融資が可能ですし、提携ATMの手数料無料も嬉しいポイント。
さらに!auユーザーなら金利面で優遇されるのでお得に借り入れできます!

専業主婦が借入するなら銀行カードローンですが、中でもおすすめは新生銀行カードローン レイクです。その理由は、何と言っても融資までのスピード。申し込みから融資まで最短40分という驚異的な速さが魅力ですね。
また、指定口座への即日振込にも対応しているので、来店せずに全ての手続きをすませたいという人にもおすすめです!

レイク公式サイトはこちら

あなたにぴったりのキャッシングは?

借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
審査時間
融資スピード
金融機関
特徴
金利(年率)
フリーワード編策

目的別で探す

審査が早い WEB申込 無利息サービス 銀行系ローン 即日融資 おまとめローン 消費者金融系 コンビニ返済

お金を借りる時の豆知識

はじめてお金を借りる時に知っておくべき情報をご紹介します。
基本的な情報を知って計画的にお金を借りる様にしましょう。

1. キャッシングの審査

消費者金融や銀行などでキャッシングを利用しようと申し込むことで、まず行われるのが審査です。
お金を借りるためには、この審査に通る必要があります。
そのため、お金を借りようとする方にとって、この審査の時間がとても重要であり、不安になるときでもあります。
また、お金を貸す側の金融業者にとっても重要な時間です。
この審査をすることによって、本当にお金を貸しても大丈夫な人なのかを判断しなければいけません。
過去に延滞や債務整理などをしたことがある人は、お金を返してくれる可能性が低いと判断され審査に通らないこともあります。
このように、キャッシングの審査はお金を借りる側だけでなく、貸す側にとっても重要なことです。

1-1. 消費者金融や銀行のキャッシングは必ず審査が入る

消費者金融や銀行など、お金を貸してくれる金融業者では、申し込みを受ければ必ず審査が入ることとなります。
この審査が入ることは当然のことで、この審査を甘くしてお金を貸していたのでは会社が倒産してしまいます。
金融業者では、お金を貸して毎月の返済の時に利息を支払ってもらうことで利益を出しています。
そのため、この返済を毎月しっかりとしてくれる人かどうかを判断しなければいけません。
この人なら、お金を貸しても毎月返済をしっかりとしてくれると判断されれば審査に通ることとなります。
お金を借りようとする方は、金融業者に返済がしっかりとできる人間であることを示す必要があります。

1-2. 審査なし・審査が甘い消費者金融はあるの?

お金を借りようとする方にとっては、この審査がとても不安という方は多くいます。
お金が有り余るほど持っているにもかかわらず、お金を借りようとする方はいません。
お金に困っているからこそお金を借りようとします。
そのため、他社からの借入金があったり、延滞などをした経験などもあり、審査に通るか心配という方も多くいます。
しかし、この審査がないような金融業者でお金を借りることは絶対に避けるべきです。
世の中には、審査なしと謳っている金融業者も存在します。
そのような金融業者は闇金である可能性が高く、闇金でお金を借りてしまうとさらに最悪の状況になります。
お金を借りる際は、その場しのぎを考えるのではなく、今の状況を踏まえたうえで、しっかりとした将来設計を考えることも重要です。

1-3. 即日融資可能!審査が早い消費者金融はある!

お金を借りたいと考えた時に、申し込んでその審査結果をできるだけ早く知りたいと思うのではないでしょうか。
消費者金融や銀行の中には即日融資に対応している会社はいくつかあります。
そのような会社に申し込むことによって、審査結果も早く知ることができます。
また、審査に通ればすぐにお金を手にすることができ、できるだけ早くお金を用立てたいという方には最適な会社です。
今まで、しっかりと計画的にお金を使って生活をしていても、交際費が嵩んでしまったり、友人の結婚式などがひと月に何度もあると、お金が足りないということはよくあります。
このような時には、即日融資に対応している会社に申し込むことにより、最短の時間で問題を解決することができます。

1-4. 審査では何が聞かれる?審査対象って何?

お金を借りる際には、その会社の審査対象をしっかりと確認する必要があります。
年齢や利用限度額などをしっかりと確認し、自分が対象になっているのか、申し込む金額は利用限度額を確認することも大切です。
また、審査では電話で本人確認の連絡があることがあります。
この連絡では、記入事項に間違いがないのかを聞かれることとなります。
まず、本人が申し込んだかどうか、記入された勤務先に勤めているのか、記入された住所は間違いがないのか、時にはお金の利用目的などを聞かれることもあります。
この電話での対応で重要なのが嘘をつかないことです。
この連絡があるときには、ほぼ審査は通っている状態です。
この連絡によって記入事項に間違いがなければ、ほぼ審査は通ると考えられます。
この時に間違った返答をしてしまうと審査に落ちることもあります。

2. キャッシングの返済方法

キャッシングの返済方法には、大きく分けて一回払いと分割払いの2種類あります。
一回払いでは、翌月には借りたお金を一括で返済する方法で、お金を借りている期間が短いため利息なども少なくてすむ返済方法です。
分割払いでは、借りたお金を何回かに別けて返済する方法で、毎月の返済額が少額で済む返済方法です。
分割払いでは、毎月の返済は楽なのですが、その返済のたびに利息を支払うこととなり、一回払いと比べれば、完済したときは多くのお金を支払っていることになります。
それぞれにメリットやデメリットがあり、自分の収入に合った返済方法を選択することが大切です。

2-1. 利息を支払いたくない場合は、借入期間を短くするのがおすすめ

お金を借りる時に考える必要があるのが利息です。
この利息は、金融業者にとって利益になるもので、お金を借りた時の手数料となるものです。
お金を借りているのだから、手数料を支払うのは当然のことと考えることができますが、できるだけこの手数料を減らしたいものです。
この手数料の減らし方として、最も簡単なのが借入期間を短くすることです。
できるだけ早くお金を完済してしまうことで、無駄な手数料を支払う必要もなくなります。
リボルビング払いなどのように、毎月の返済が楽な方法を選択してしまうと、借入期間が長く、多くの利息を支払うこととなります。

3. キャッシングの利息の計算方法

お金を借りる際に、その会社の詳細情報を見ると実質年率という言葉を目にします。
この実質年率とは、金利を始め、手数料も含まれている費用のことで、毎月の返済では今借りているお金の実質年率分も一緒に支払うことになります。
この実質年率での利息の計算の仕方は、実質年率を1日分にして、借りたお金に借りている日数分をかけるだけです。
30日間50万円を借りた場合には、50万円×(実質年率÷365×30日)で求めることができます。
もし実質年率が18%なら、50万円×(0.18÷365×30)となり、7,397円の利息が必要になることが分かります。

4. 返済時の銀行振込とATMの手数料はどのくらい?

消費者金融を選ぶ際に、返済時にどれだけの手数料が必要になるのかチェックすることも重要です。
この手数料が無料なのかどうかで、返済時に必要な費用が大きく違ってきます。
毎月利息を払っているにもかかわらず、返済時に振込手数料やATM手数料を支払っていたのでは、年間にすれば数千円ものお金を返済するために余計な費用を支払うこととなります。
大手銀行でも振込手数料は3万円未満なら200~250円、3万円以上なら400円も必要となります。
ATMでも、無料となっているATMもあれば、手数料が100~200円程度必要となる場合もあります。
自分がよく利用している銀行やATMで、手数料が無料なのかを確認することがお金を借りるうえで重要なポイントともなります。

5. 返済が遅れるときはどうするべき?

忙しい生活を送っていたり、急な出費などによりどうしても返済ができないということも起こります。
このような時に何の連絡もしないで、滞納するのではなく、事前に分かっているのなら連絡を入れることが大切です。
連絡を入れたからといって、返済を待ってくれたりするわけではありませんが、この行動は社会人として当然の行動です。
この行動によって、金融業者への信用度合いが全く違ってきます。
金融業者は、信用をしてお金を貸してくれています。
その信用を裏切らないためにも、返済が遅れる際には事前に連絡を入れて、どのような状況で返済が遅れるのかを説明することが大切です。

6. 何を基準にキャッシングを選ぶべき?

多くの金融業者がキャッシングを提供しているのに対し、どのような基準で選べばよいか悩む方もいるのではないでしょうか。
この選び方として大切なのが、自分がどのような借り方をするかです。
とりあえず少額でもすぐにお金を借りたいという方は、即日融資に対応している会社が最適ですし、長期の借入なら手数料が安いところを選ぶことが大切になります。
また、消費者金融では裁量規制があるため、年収の3分の1しかお金を借りることができません。
銀行なら裁量規制がないため、大きなお金を借りたいと考えている方には最適と考えることができます。

6-1. 素早い審査や30日間の無利息を求めるなら消費者金融

消費者金融では銀行にないサービスを提供しているのが特徴です。
最短30分の審査や30日間の無利息サービスを提供しているところもあります。
すぐにお金が必要という方にとって、1分でも早く審査結果を知りたいという方もいるのではないでしょうか。
そんな方は審査時間の短い消費者金融を選ぶことにより、銀行よりも早く審査回答を得ることができます。
また、少額の借入なら30日の無利息サービスを提供している消費者金融もおすすめです。
給料日前にお金が足りなくなり、給料日になればお金を返済できる程度の借入なら、このようなサービスを利用することで利息を払うことなくお金を借りることができます。

6-2. 低金利や大口融資を求めるなら銀行

長期間の借入や、大口融資を希望するなら銀行がおすすめです。
長期間の借入となると、消費者金融のような金利では返済が大変になってしまいます。
消費者金融と比べ銀行は金利が安いことがメリットです。
大手銀行では即日融資に対応しているところもありますが、ほとんどの銀行では、審査時間には多くの時間が必要となります。
審査時間は必要となりますが、金利の安さを求めるなら銀行が最適です。
また、銀行では大口の融資にも対応しています。
年収が少ない方は、消費者金融では多くのお金を借りることはできませんが、銀行では年収の3分の1以上のお金を借りることができ、生活費だけでなく趣味などのお金としても使うことができます。

7. 消費者金融各社の特徴

消費者金融には複数の会社があり、それぞれに特徴があります。
プロミスやアコム、アイフルなどでは最短30分の審査が可能で、ノーローンでは最短20分の審査が可能です。
また、大手消費者金融業者ではインターネットで契約をすることができます。
多くの方がインターネットが利用できる環境があるのではないでしょうか。
そのインターネットを利用して簡単に申し込むことができます。
プロミスやアコムなどの大手消費者金融業者は無人契約機を利用でき、プロミスでは三井住友銀行のローン契約機などが利用して契約することもできます。
このように、それぞれの会社によって特徴があり、自分にとって便利な会社を選ぶことが大切です。

7-1. プロミスで即日融資で借りる方法

プロミスは即日融資に対応しています。
この即日融資を受けるためには、インターネットや自動契約機によって申し込むのが最適です。
ただ、この即日融資を受けるためには、申し込む時間がポイントとなります。
申し込む時間が遅いと、審査に通ってもお金を借りられるのが翌日になってしまう場合もあります。
できれば、申し込みは朝の10時までに済ませておくことが大切です。
借り入れ方法が銀行振り込みの場合には、三井住友銀行やジャパンネット銀行なら、24時間対応していますが、その他の銀行に振り込んでもらう場合には、平日の14時50分までに利用することが必要になります。
そのため、三井住友銀行やジャパンネット銀行の口座を持っていない方は、自動契約機でカードを受け取ることにすれば、14時50分を過ぎてもカードを利用してお金を借りることができます。

7-2. プロミスの金利と借入限度額

プロミスの金利は4.5%~17.8%で、借入限度額は1~500万円となっています。
多くの消費者金融が最大金利を18%に設定しているのに対し、プロミスでは17.8%と低い設定となっています。
金利はできるだけ低い設定の会社を選ぶことが大切です。
金利は毎月の返済時に支払う必要があり、ほんの少しの差の金利が年間もすれば大きな差となります。
また、借入限度額の最大が500万円となっていて、多くの方が十分の限度額と言えるのではないでしょうか。
ただ、初めて申し込む際に50万円以上の借入ができることはほとんどなく、50万円以下の借入からスタートと考えておくことが大切です。

7-3. アコムの借入方法と返済方法

アコムの借入方法としては、銀行振り込みやATMを利用してカードでお金を借りる方法があります。
銀行振り込みにすれば、ATMまで出かける必要がありませんし、ATMでもコンビニなどのATMが利用でき、気軽にお金を借りることができます。
返済する方法としては、ネット返済やATM返済、口座振替があります。
口座振替なら、決まった日に自動的に引き落としてくれるので、返済忘れがなく楽に返済することができます。
多くの方はネット返済やATM返済を利用しているようで、この返済方法なら、余裕があるときに自宅や近くのコンビニのATMを利用して返済することが可能です。

7-4. アコムの審査時間と在籍確認の電話

アコムでは最短で30分での審査が可能です。
ただ、全ての人がこのような時間で審査結果が出るわけではなく、1時間~2時間程度必要な場合もあるようです。
また、アコムでは在籍確認の電話がかかってきます。
この在籍確認の電話はアコムだけでなく、その他の会社でも行われることです。
この在籍確認では、申し込みの際に記入された勤務先に本当に勤めているのか、本人が申し込んだのかの確認をします。
アコムの在籍確認では、個人名を使い電話をかけてくれるので、職場の人にアコムからお金を借りようとしていることはまずバレることはないと考えられます。

8. 銀行カードローンの特徴

銀行のカードローンの特徴として、まず挙げられるのが金利の低さです。
消費者金融では最大金利が18%程度に設定されているのに対し、銀行のカードローンでは14%程度の設定が当たり前となっています。
この金利の低さが銀行の大きな特徴と言えます。
また、銀行は消費者金融と比べ大きなお金を借りることができます。
消費者金融では裁量規制が適用され年収の3分の1しか借りることはできませんが、銀行では裁量規制適用外なので、消費者金融よりも大きなお金を借りることが可能です。
ただ、大手の銀行以外では即日融資に対応している銀行が少なく、すぐにお金を借りることができないのがデメリットとも言えます。

8-1. 銀行カードローンの申込方法

銀行カードローンの申し込み方法としては、銀行の窓口からする方法以外にも、インターネットやローン契約機、電話や郵送などの方法があります。
銀行カードローンを利用する場合、その銀行の口座を持っていると便利に使えることがあります。
そのため、借りようとしている銀行の口座を持っていない方は、まず銀行の口座を開設することをおすすめします。
大手の銀行でも、口座を持っている方を対象に即日融資をしているところもあり、お金を借りる予定がなくても便利なカードローンを提供している銀行の口座を持っていると何かと便利です。
銀行の窓口なら口座開設と同時にカードローンを申し込むことも可能です。

8-2. 銀行カードローンのメリット・デメリット

銀行カードローンのメリットとしては、金利の低さ、裁量規制がない、安心して利用できるという点が挙げられます。
お金を借りる際に重要になるのが金利です。
銀行は金利が低く、裁量規制がないため多くのお金を借りることができます。
また、消費者金融と聞くとイメージがあまり良くないという方もいるのではないでしょうか。
在籍確認などでも、銀行からの電話なら職場の人にお金を借りることがバレても、気にならないという方もいます。
デメリットとしては、借入までに時間がかかるという点です。
一部では即日融資に対応していますが、銀行は金利が低い分審査が厳しくなると考えられ審査時間もかかります。
少額の借入ですぐにお金が必要という方は消費者金融の方が便利と言えます。

8-3. 無利息期間のあるカードローン会社

無利息期間のあるカードローン会社としては、消費者金融ではプロミスやレイク、アコムやノーローンなどがあります。
銀行でもジャパンネット銀行カードローン、楽天銀行スーパーローン、住信SBI銀行ネットローン、トマト銀行カードローンなどがあります。
消費者金融では初回に限り30日間の無利息サービスを多くの会社が提供していますが、ノーローンでは1週間の無利息サービスですが何度でも利用することができます。
住信SBI銀行ネットローンやトマト銀行カードローンでは、常にしているわけではなく、キャンペーン中のサービスとなります。
キャンペーン中という限定となりますが、2ヶ月や3ヶ月といった期間が長いのが魅力です。