1.銀行カードローンや消費者金融キャッシングは専業主婦でも借りれる?

キャッシング 方法

銀行カードローンや消費者金融のキャッシングを、自分の趣味のために利用しているという人も多くいます。
カードローンやキャッシングは無担保でお金を借りることができ、審査に通れば用途は自由です。借りたお金の使い道が審査に影響することもなく、利用枠内でいつでもお金を借りることができるのでとても便利な存在です。
しかし、今まで利用したことがないという人にとっては、自分が審査に通るのかがとても心配になるものです。
無担保ローンである銀行カードローンや消費者金融のキャッシングは、学生や専業主婦でも利用することができ、通常のサラリーマンなら過去に事故歴などが無ければ、問題なく貸付してもらえると考えられます。
ここでは、学生や専業主婦の利用法について紹介したいと思います。

1-1.フリーターの学生やパート主婦など安定した収入があればどちらも利用可能

金融機関での審査では、職業も重要になると聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。
一般的には、公務員や大手企業などが審査に通りやすいと言われ、審査ではこの職業は重要なポイントとなります。
しかし、カードローンやキャッシングは学生や主婦でも利用することは可能です。
カードローンやキャッシングを提供しているどこの金融機関でも求められる利用条件が、「安定した収入がある」ということです。
お金を借りるのだから当然の条件とも言えるのですが、学生や主婦でもこの条件を満たしていれば(アルバイト・パートをしていれば)、お金を借りることができます。

1-2.専業主婦が利用できるのは銀行カードローン!

カードローンやキャッシングの利用条件などを見ていると、専業主婦でも利用できる金融機関もあります。
専業主婦でも、教育資金や生活資金、近所との付き合いなどのために借金をしたいという人も多くあるでしょう。
通常、金融機関では安定した収入があることが条件となるため、収入のない専業主婦が利用できるというのは疑問を感じるという人もいるのではないでしょうか。
しかし、数は多くありませんが、専業主婦が利用できる金融機関もあるのです。
消費者金融は、専業主婦に貸付することができません。
これは貸金業者に適用されている総量規制が関係しているのですが、この総量規制の対象外である銀行のカードローンであれば低金利で融資をしてくれ、限られた生活費でやりくりをしている専業主婦の強い味方となってくれます。

1-3.配偶者貸付制度は貸金業法の総量規制対象外!

消費者金融では総量規制によって、年収の3分の1までしか融資をすることができません。
その為、収入のない専業主婦では、収入自体がないため、融資の対象にはなることはできません。
しかし、銀行の場合は貸金業法ではなく、銀行法が適用されているため、この総量規制の対象外となります。
したがって、専業主婦が融資を受けようと思えば、銀行であれば可能であるという事になります。

専業主婦ということは、夫の収入だけで生活ができていることがわかります。
夫にある程度の収入があるということで信用を得ることができ、融資限度額は少額の融資となりますが、収入のない専業主婦でもお金を借りることができるのです。
これは専業主婦だからこそのメリットといえます。

1-4.配偶者貸付は無職の学生が親の収入枠で利用できる?

収入のない専業主婦でも利用できるのなら、アルバイトなどをしていない無職の学生でも、配偶者貸付などを利用して融資が受けられるのではないかと思う人もいるのではないでしょうか。
配偶者貸付とは、あくまでも結婚をしている主婦に適用されるものです。
最近では、妻が働き、夫が家庭に入るというケースもありますよね。その場合は、夫側が配偶者貸付を受けることは可能なのでしょうか。
金融機関によっては、妻からの申し込みではなく、専業主夫(夫)からの申し込みは受け付けていないところもあります。よって、金融機関によりけりという事になりますので、申し込み前に確認が必要です。
このように、配偶者貸付は夫婦関係である場合にのみ適用され、さらに、妻に対しての融資であることが一般的です。
その為、無職の学生が親の収入枠によってカードローンを利用することは出来ないと考えられます。

3.お金を借りる時の審査に通りやすい方法はある?

審査に通りやすくするポイントとしてまず挙げられるのが、他社からの借入を減らすということです。
他社からの借入は信用情報を確認することで、金融機関は確認をすることができます。
複数社から借入があると審査に不利になることから、カードローンを申し込む時には他社からの借入額を減らしたり、完済してから申し込むことが大切です。
また、申し込みの際に、希望の借入額を少なく記入するというのもポイントの一つです。
希望額を多めに記入してしまうと、それだけ慎重な審査を受けることになります。
最低限の希望額を記入しておくことで審査に通りやすくなるのです。

3-1.審査に必要な書類と申し込み方法を解説!

銀行カードローンを申し込む際の必要書類は、本人確認書類と収入証明書です。
本人確認書類には、運転免許証や健康保険証、パスポートなどを利用することができ、申込者の確認のために必要になります。
高額の借入を希望している場合は、収入証明書が必要になるケースもあります。
収入証明書は、借入額によっては不要の場合もあるので、事前の確認が必要です。
申し込み方法は銀行によって異なりますが、窓口やインターネット、電話や郵送、テレビ窓口などの自動契約機で申し込みをすることができます。
大抵の金融機関であれば、上記申し込みに対応しているので、自分に合った申し込み方法を選べるのが嬉しいですね。

4.専業主婦におすすめの銀行カードローン!

CMなどでおなじみの大手銀行や実店舗のないネット銀行など、銀行カードローンは数多く存在します。
その中で、専業主婦におすすめなのがイオン銀行カードローンです。
イオン銀行カードローンは、専業主婦でも借入可能なカードローンの一つです。
専業主婦の人の中には、いつもイオンで買い物をするという人は多いのではないでしょうか。
買い物ついでにイオンATMを利用すれば、手数料無料でお金を借りることができます。
また、イオン銀行のカードローンでは自動融資が利用できます。
イオン銀行の口座から家賃や光熱費などの引き落としをしてもらうようにすれば、残高不足の場合には自動的に融資が受けられ、残高不足という事態を防ぐことができます。
子供のための資金や生活費などで困ったときには、本当に借りられるのか、どの程度の金額が借りられるのかを、まず銀行に相談してみてはいかがでしょうか。